火災防止のポイント

天ぷらを揚げるときは、その場を離れない

・ガスコンロの周囲や上部に燃えやすいものを置かない。
・炎を小さくしてコンロを離れる人がいるが、食用油は350度程度になると自然発火するので、
 必ず火を止めてからその場を離れる。
boukyoinfo01

寝たばこ・たばこの投げ捨ては厳禁

・たばこは決められた場所以外では吸わないようにする。
・灰皿は大きめのものを用意し、常に水を入れておく。
・火のついたたばこを放置しない。その場を離れるときは完全に火を消してから。
・吸い殻はゴミ箱等に入れない。
boukyoinfo02

家のまわりに燃えやすいものを置かない

・新聞・雑誌などの燃えやすいものを家の周囲に置かない。
・放火の的になることもあるので、ごみは指定された日の朝に出す。
・車庫・物置などの戸締まりはしっかりと。
boukyoinfo04

マッチやライターで子供を遊ばせない

・子供の目につくところにマッチやライターを置かない。
・日頃から子供に火の正しい使い方や火災のおそろしさをきちんと教える。
・花火をするときは必ず大人が付き添い、水バケツを用意しよう。
boukyoinfo05

電気器具は正しく使い、たこ足配線はしない

・電気器具は使用説明書などをよく読んで、正しい使い方を心がける。
・電気器具の使用後は、プラグを抜いておく。
・コンセントやプラグ周辺はこまめに掃除する。
boukyoinfo06

ストーブには燃えやすいものを近づけない

・カーテンの近くにストーブを置かない。
・給油は火を消してから行う。
・石油ストーブは対震自動消火装置付きのもの意外は使わない。
boukyoinfo07

寝る前に必ず火元を確かめる

・「ガスコンロの元栓」などと点検項目を書いたメモを壁に張り出し、
 それを見ながら確認していくのも一つの方法。
boukyoinfo08

お年寄りの部屋は1階に

・お年寄りや子供、病人などの部屋は避難しやすい1階に。
 ただし、古い木造住宅の場合は、地震による倒壊の危険性もあるので注意。
・万一の場合に備え、枕元に携帯電話やホイッスル等を用意する。
・ガスの元栓や電気器具の差し込みなど、寝る前に家族がお年寄りの部屋を確かめる習慣を。
・お年寄りを家に残して外出するときは必ず近所に声をかける。
boukyoinfo09

消火の備えを万全に

・各家庭に最低 1 本は消火器を備える。
・住宅用火災警報器を設置して火災をいち早く発見する備えを。
・地域の防災訓練には積極的に参加する。
・風呂の水のくみおきの習慣をつける。
boukyoinfo10